アヒャッポゥのブログ

ようこそドラゴンハウスへ

覚醒仕様のまとめ 各種性能編【EXVS2】

エクバ2してますか?
平均覚醒落ち率120%アヒャッポゥです。たまにカットインの時点で死んでます

本日は稼働初期にまとめてた覚醒性能について改めてまとめ直しました。
文量がアレなのとダメージ計算と覚醒は記事を分けたほうがいいなって想いがあったんで分割した感じです。

基礎システムのページはダメージ計算に特化したページにしてあります。長すぎるのはよくないしね
www.dragonicfighter.net

覚醒ゲージ関連についてはこちらにまとめてありますのであわせてどうぞ。
www.dragonicfighter.net


※注意事項
頑張って調べたけどいかんせん不明瞭な要素が多い分野です。多少の数字のミスや仕様の確認漏れとかはあるかもしれません。
この記事に書いてあることを鵜呑みにしてるとアヒャッポゥ諸共恥をかく可能性があります
一応そのへんは認識しといてくださいね。

更新履歴
2019/09/22
新規作成

EXVS2の他の記事はこちらからどうぞ
www.dragonicfighter.net


覚醒性能の仕様

今回は覚醒性能に関する仕様をまめていきます。

稼働初期の残滓
新しく追加された2つの覚醒が相当に胡散臭いですね。

カタログスペック上はM覚醒がドン引きするレベルの強さ。
L覚醒もブースト回復量は劣るものの相方とL Lで同時に光ればブースト回復量は実質2倍だしそもそも覚醒回数の暴力がヤバイしやっぱりクソ

1番気になるのは F覚醒の機動力がSや Eと同じになったことかな?

目に見える数字上は大分悲しみを背負ってるけど、格闘性能自体のポテンシャルはまだ分からないから今後の研究に期待だね
2018/12/25修正
ちょっとやりすぎちゃったのか新覚醒の2種はお仕置きを受けました。
弱くなったわけではないと思うけど今までみたいに困ったらとりあえず選んでおけば安定、という事はなくなった感じ。
よく考えて覚醒は選ぼうね

2019/03/28修正
M覚醒にさらにお仕置き。ブースト回復量と機動力が低下。
これによってブースト回復量はF覚醒が単独トップになり、瞬間的な爆発力が帰ってきた形です。

共通の仕様

ここでは各種覚醒の共通の効果についてまとめます。

覚醒種類に応じてブーストが回復

覚醒が強い最も大きな要因の一つではないでしょうか。
ピンチをチャンスに変え、有利を確定に持っていく目玉効果です。

選んだ覚醒、半覚か全覚かで異なります。
詳しくは後述しますがF覚醒が最も回復量が多く、瞬間的な機動力に優れます。

覚醒種類に応じて機動力が上昇

ブーストダッシュを用いた検証では、BDの速度と燃費それぞれが向上しています。
もうちょっと詳しく調べることもできそうだけど難しいので放置してます。

覚醒種類に応じて射撃、格闘、防御力が上昇

F覚醒は格闘、S覚醒は射撃、M覚醒は両方の攻撃力が上昇します。
また、F、S、Eは防御力も上昇します。

どれくらい強化されるのかは機体によって全然異なり、格闘が伸びやすいタイプ、射撃が伸びやすいタイプ等まちまちです。
ほか、特別なボーナスがある代わりに防御力が全然ないタイプ等もあります。

一部を除き弾薬が全回復

「常識的に考えて連続で使えたらヤバすぎる武装」は未対応と覚えておけば大丈夫。

試合開始時にリロードされていないサテライトキャノンとか時限強化換装とかバリアみたいな一定時間強化するようなタイプの武装が例外にあたります。

攻撃のダウン値が10%軽減

コンボの幅が広がる効果。

計算が面倒なので5.55までダウン値が使えるって覚えとくと楽です。
ビーム3発でダウンなのは変わらないけど格闘初段(1.7)は4回に増えたりします。

単発ダウンの攻撃も覚醒中だと非強制ダウンになったりすることもあります。

機体の挙動がテンポアップ【要調査】

どの機体も共通ですがモーションそのものが高速化します。10%?

覚醒ヴァーチェのゲロビに焼かれたことはありますか?
健全な一般人なら一度は経験があるかと思いますがアレはこのテンポアップにより構え→発射までの時間が短縮されていることが原因です。

他、格闘の突進速度も上昇しています。
元々速く長距離を移動するものはより恩恵を強く受けることができます。AGE1スパローの特格とかめっちゃわかりやすい

小ネタですがあらゆるモーションが対象ですので着地硬直も軽減されます。

リロード速度が上昇【要検証】

武装によって異なるっぽいですがリロードが高速化する恩恵もあります。

おそらくクールタイムには影響なし。要調査

チャージ速度が上昇【要検証】

チャージも高速化されます。
これも同じく武装によって異なるっぽいですが、元々2秒以下のチャージ速度の武装には影響がないっぽい。

今度詳しく調べておきます。

参考資料

■稼働初期

ブースト回復量はこんな感じ。
FとEが同じなのはマジか、って感じだよね


覚醒時間にも微妙に差があるね。E覚醒が短いのが気になる。

ボーナス補正の数値の大小は機体によって様々です。これから徐々に判明していくでしょう



機動力に関しての検証はこちら。

■2018/12/25修正関連


■2019/03/28修正関連


回復量10%減らされてる感じ


ここからは各覚醒の固有特性について確認していきます。
赤字は公式で説明されていない隠し仕様。クソが。
f:id:nosuke0213:20190924004848j:plain
▲情報揃ってきたので画像にまとめてみた
バンナムさん?流石にこういうのは公式で用意しておいてほしいっす

F覚醒

ファイティングバースト。
主に格闘が強化される覚醒。爆発力は全覚醒の中でも随一。

ブースト回復量は全覚醒中最大。使った瞬間の機動力はM覚醒よりも強力です。
また、S覚醒と並び覚醒時間が他の覚醒より若干長い特徴も持ちます。

格闘属性を持つ武装の攻撃力が上がり、かつダウン値が低下するため非常に自由度の高いコンボが構築できるようになります。

格闘属性、というのは突撃アシストも含みます。後は一部のアンカーとか。直接殴る武装だけ、というわけではありません。

判断基準は実は簡単で、敵にガードされた時緑のエフェクトがでるかどうかで判別することができます。

格闘の追従性能向上

メイン機能。素の機動力の上昇量は他と対して変わらないんですが、格闘の伸びがグッとよくなる。
敵を追いかける時に優秀な伸びの格闘を使用する機体や、元々差し込みに向いた素早く鋭い格闘を持つ機体等が大きな恩恵を受けることができます。

射撃を格闘でキャンセル可能

射撃属性を持つ攻撃から格闘属性を持つ攻撃へキャンセルができるようになります。格闘にはキャンセル補正はかかりません。

格闘ダウン値が30%低下

覚醒中は共通で1割ダウン値が軽減されますが、格闘属性武装は更に2割減って合計30%も割引されます。

計算すんの面倒くさいんでダウン値7まで殴り放題って覚えておくと楽。(ダウン値上限5÷0.7=7.14...)
7はどれくらいかっていうと、格闘初段(1.7)が5回入るとか、一般的なN格出し切り(3.0)を2回入れてもまだお釣りが来るくらい。
通常時とは全く違うコンボができるのがわかりますね。

F覚醒中だけ追撃可能になる格闘というのも存在します。
僕が知ってるのだとマックスターの前特格とかブルーDのN特格とか。

中々レアですので覚えておくと特殊な始動の限定コンボができたりしますね。ロマン!

格闘にガードブレイク性能付与

ガードブレイクとは敵のシールドガードを強制的に解除するF覚醒専用の防御崩しです。
ブレイクされた相手は後方にのけぞりながら一定時間の硬直が発生します。

基本的に自分ものけぞるので追撃が確定するわけではなく、あくまでめっちゃ有利な読み合いができる、に留まります。回避不可だろコレみたいな連携をしてくるやつも一部いますが。

他の武装と組み合わせて時間差攻撃をすることでガー不連携、というのも可能ですね。

こちらは格闘属性でもアシストではガードブレイクできません。
「格闘」である必要があるようですね。判断基準は「カウンターできるかどうか」っぽいです。

汎用格闘の追従中に特殊移動系武装でキャンセル可能

隠し仕様として、普通の格闘の追従中に特定の武装にキャンセルができるようになります。

ピョン格やフワ格といった軌道が特殊なものや判定出っぱなし格闘、すり抜け判定や射撃バリアなど特殊効果を持つ格闘はキャンセル元として対象外なので、怪しい動きはあまり出来ませんが、覚えておくとブースト節約になったりするかもですね。

キャンセル先もどの武装が出せるのかは異なりますが、特殊移動や変形、換装を伴うアクションが主流のようです。

ただし、いずれもオーバーヒート中は不可なのでオバヒあがきとかそういう用途には使えません。できたらゲーム壊れる

汎用格闘の追従中に覚醒技でキャンセル可能

上記仕様と同様ですが、覚醒技は例外的にどんなタイプの技でもキャンセルに対応している模様です。
乱舞格闘はもちろん射撃系や時限換装型も対象。

ほとんどの覚醒技には発生前にスパアマがついていますので横格で詰めて迎撃を覚醒技でゴリ押す、とかそういう運用ができます。

稼働初期の残滓
前作では機動力関連も大きく上がっていましたが今作では多少落とされ M覚醒にその座を譲っています。

ロケテの際は一部の射撃をステップ可能とされていましたがその能力は残念ながらボツになったようです。残念。

格闘ブンブンすると燃費がどんどん悪くなるという噂があったようですが各方面の検証データを見る限りその事実はありませんでした。
単純にブースト回復量が減った事でそう感じたんじゃないかなぁ

つーかもし格闘振る覚醒で格闘振るとペナルティなんて仕様あったら本末転倒すぎる
トレモ擦るより調整班の脳みその中検証した方が早いまであるぞ

何か情報あれば教えてください。裏取ってきます
最大ダメージ補正の項でも述べましたが400ダメージコンとかが普通にあるので、大ダメージ補正を緩和する特性もあるかもしれません。
調査中につきまだ断言はできません。もしかしたら補正の緩和で普通に400出てるだけかもしれない

2018/12/25修正
修正により発動時のブースト回復量が10%上昇しM覚醒と同等になったため使い勝手が大分改善されました。
よく伸びる格闘を持っている機体ならMよりFの方が速いまであるかも


S覚醒

シューティングバースト。
射撃が強化される覚醒。前作からちょっと弱体化したっぽい。

弾の質と密度が強化されます。格闘系武装であってもリロードを高速化させる事で恩恵は得ることができます。実用的かどうかは置いといて。

射撃を射撃でキャンセルできる

メイン機能。ボタンを連打してるだけで弾幕を張ることができます。
射撃であれば何でもキャンセル可能。足が止まる射撃から足が止まらない武装へキャンセルすることで擬似降りテクとして機能します。

ただし、キャンセル先の武装がキャンセル補正対応武装である場合威力が低下します。
元々キャンセルできないルートであってもお構いなしです。システムは平等。

各種リロード速度が大幅に上昇【要検証】

リロード速度がとんでもないことになります。

武装によって効果量は異なりますが、BRなどの通常兵器であれば覚醒時の全回復と合わせてほぼ撃ち放題。
クールタイムは短縮することはできないので、バリアや時限換装などの特殊武装はあまり恩恵を受けられません。


足を止める射撃をステップできるようになる

通称青ステ。格闘の虹色エフェクトに対してこちらは青いエフェクトが出ることがから。

ブーストキャンセルするより安全かつ素早く次の攻撃が出せるので強力なサブ射撃を連打する際に使ったりします。
ストライクIWSPのサブ射撃とかああいうのね。

ロック距離が伸びる(+1.5)

ロック距離の単位については別途まとめていますので<こちら>を御覧ください。

歩いて確認するとそんなに伸びてる感じしませんが、1.5っていうと結構影響あります。
2000万能機がメッサーラと同じ距離で戦えるようになるくらい。(勝てるとは言ってない)

チャージ速度が上昇する【詳細要検証】

チャージ時間によって効果量が変わるようですが、長めのチャージ時間を持つ技は溜まりやすくなります。
どうも2秒以下のチャージ武装は影響ないみたいです。要調査


射撃を覚醒技でキャンセルできる

隠し仕様として、射撃攻撃を覚醒技でキャンセルすることが可能です。

これは前からずっとあったんで覚醒技はシステム上射撃武装として扱われている、と考えていましたが、
F覚醒の伸び中覚醒技キャンセルの存在もあることからこれはS覚醒の独自仕様であると解釈するのが妥当でしょう。

覚醒技の種類は問わず、射撃系はもちろん格闘乱舞系、時限換装系も漏れなく対象です。
キャンセル補正はかかりませんのでご安心を。

E覚醒

エクステンドバースト。
今作では何も拡張してないんで名前負け感ある。その場のノリでシステム名決めるから・・・

防御特化の覚醒。弱体化を受けたりもとに戻ったり調整もノリでやられてる印象がある。
相変わらず攻撃力は変化なく防御力に30%前後の大きな補正がかかるのみです

固有の特性は以下の通り

ゲージ半分で受身覚醒できる

メイン機能。
これの強みはコンボを食らっている最中に半覚醒が溜まれば即脱出できるってことです。

一部初心者の方は勘違いしがちですが、受け身ができるからって必ずしも食らってから覚醒する必要はないです。

普通に溜まったら普通に使ったほう圧倒的に強いです。E覚醒としての個性は薄れますが覚醒共通の恩恵を活かして有利に立ちましょう。

ゲージ100%で受け身覚醒を使うとゲージが6割ブッ飛ぶ謎仕様を搭載。
不具合なのか半覚を吐けなかったことに対するペナルティなのか。
どちらにせよこれをやらかすと防御に特化した覚醒なのに一番防御力が低い覚醒になってしまいますのでくれぐれも注意を。

斜めステップができる

隠れ機能。回避と接近を両立できますよみたいな話だと思うんだけどぶっちゃけ使いこなしてる人見たことない。

稼働初期の残滓
2018/12/25修正
覚醒技使用時にブーストとゲージが空になるペナルティがなくなりました。結局なんだったんだこの仕様は。フルブの亡霊か何か?

L覚醒の弱体化も合わせて立ち回りが安定する特徴がより際立つようになりましたね。


参考資料

半覚の消費と全覚の消費が両方共適応されてるバグっぽい感じしない?

M覚醒

モビリティバースト。機動力特化の覚醒。

ついでのように攻撃力まで上がってるのがヤケクソさを感じていいですね

攻撃力は射撃格闘どちらも微上昇する代わりに防御力は一切上がりません。

また、機動力は上がってるんだけど
格闘の追従速度は変わらないか、影響が少ないという特徴があります。
敵を追う時によく伸びる格闘を使う機体はあまり恩恵を受けられないということですね。

ちなみに、モーションの高速化は全覚醒共通で、M覚醒だからといって更に速くなるわけではないです。

固有特性は以下の通り

足を止める射撃に慣性が乗るようになる

足を止めるタイプの武装は武装ごとに直前の慣性をどれくらい引き継ぐかを個別に設定されていますがM覚醒中はその設定をさらに強化します。

全く動かないタイプの砲撃でもカーリングみたいに滑ります。
敵に硬直を狙われづらくなるメリットや、強引にゼロ距離射撃を叩き込む際にも有用です。

足を止める射撃をステップできるようになる

S覚の専売特許のはずの青ステをコイツも使えます。

ロック距離が伸びる(+0.5)

これもS覚からパクってきた。
効果量は三分の一なので流石に微々たるものですが機動力との相乗効果で射程範囲は結構伸びてる。

ブースト燃費が75%に向上【要調査】

調査中…

稼働初期の残滓
2018/12/25修正
発動時のブースト回復量が10%分低下しています。これにより逆に10%増加したF覚醒とブースト回復量に関しては同列となりました。
また、覚醒時間が半覚時0.5秒、全覚時は1秒短くなっています。LやE覚醒と同じ長さになった感じです。

確かに弱体化はしましたがブースト回復も全覚醒中トップであることは変わらないし、覚醒時間もまぁ微々たるモンで特別短くされたわけではありません。
個人的にはまだまだ十分強いと思えるいい塩梅なんじゃないかなと感じてます

2019/03/28修正
とか言ってたら更に弱体化。もうわかんねえなこれ。
以前のように誰にでも合う汎用覚醒の位置付けから流石にキャラを選ぶ覚醒になった印象です。

L覚醒

リンケージバースト。君と繋がり合うRPG。

覚醒すること自体を重視した覚醒。
2人ともL覚醒でうまく回せば合計覚醒回数8回とかも見えてきます。

当然その覚醒で何をするのというのが大事なので覚醒の基本的な恩恵を活かしたいですね。

本体の恩恵は基本効果であるブースト回復と武装回復
それとほんのり足が速くなるだけ。
攻撃力は一切上がりません
M覚醒とは逆ですね

味方との連携が必要なため固定向きの覚醒ではあるのですが、覚醒中や被撃墜中は効果が無効化される仕様だったロケテの時から大分変更され、腐るタイミングはかなり減りました。

セオリーさえわかっていればシャッフルでも十分活用可能だと思います。
・・・ただ味方がわかっていない場合は大事故しか起きないので味方の動きにイライラするようなら素直に別の覚醒にしたほうが無難でしょうね。

特性は以下の通り

味方の覚醒ゲージを20%上昇させる

メイン機能。
味方が覚醒中だろうが死んでる最中だろうがちゃんと効果はあるので恐れず吐いて行きましょう。これ大事。

また、覚醒ゲージの増える量は半覚でも全覚でも変わりません

色んな所で色んな人が言ってますがL覚醒を選んでゲージを100%まで貯めるのは犯罪だと思ったほうがいいです。

自分が覚醒を腐らせると相方の覚醒まで腐っちゃう事を覚えておきたいですね。ジャパニーズ連帯責任。

味方の武装が回復する

自分と一緒に相方の武装も回復します。

味方のブーストが回復する

半覚醒で25%、全覚醒で60%

味方のブーストゲージは確認できないのでうまく活かすには高度な連携が必要ですね。最初は気にしないほうがいいです。

一番簡単なのは味方が覚醒した1秒後にL覚醒を使う事。ほぼ確実に有効に働くはずです。

稼働初期の残滓
2018/12/25修正
ほんのりついてた防御補正がなくなりマジで通常時よりちょっと足が早くなるだけに。
また覚醒落ちしてもゲージが溜まる仕様もなくなったので死ぬ直前だろうと兎に角問答無用で吐く、といった運用ができなくなりました。
これにより半覚醒を安定して吐けるかどうかがより重要な覚醒に。

しかしマキオンのE覚醒も最初覚醒落ちなかったけど修正されたよね。
ほぼ同じ失敗してるのどうなん?


参考資料




3割って書いてあるところは2割に読み替えてください。単なる見間違いとか思い込みっす。恥ずかしい

未来へ

では今日はこの辺で。また何かわかられば追記します。

細かい数字でちょっと怪しかったり、特定の覚醒だと例外扱いになる、みたいなのは十分可能性としてありえる話です。
なんか変だなって思ったらこっそり教えて下さい。調べられそうなら調べてきます。

余談ですが、各覚醒、発音がみんなEで始まるからゲーセンだとうるさくて聞き取れない事ありませんか?
エフ覚
エス覚
イー覚
エム覚
エル覚
「お前L覚って言わなかった?」「は?Fっつったろーが」みたいなの結構あるんすよね。
偶然なのかなこれ。それとも開発的にはファイ覚とかシュー覚って呼んでもらえると思ってたとか?




EXVS2の他の記事はこちらからどうぞ
www.dragonicfighter.net