アヒャッポゥのブログ

ようこそドラゴンハウスへ

アヒャッポゥと振り返るランクマッチ~シーズン3【EXVS2XB】

f:id:nosuke0213:20211102033513p:plain
クロブしてますか?アヒャッポゥです。
今期はソロS2、チームA2でした。固定でも最近ちゃんと勝てるようになってきてて成長が楽しい

シーズン3お疲れさまでした。みなさんは今期はいかがだったでしょうか。

さて今期シーズンを振り返ってどんな機体が活躍してきたかを私怨を交えて振り返っていこう、という本企画。
その時話題になったクソ共環境機体や使用率の高い機体をピックアップしていく流れで紹介していきます。

なお、本記事の執筆にあたってはEXVSDBさんのサイトの統計を使用させてもらっています。
使用率や勝ち越し比率を元に環境機体をチェックだ

※勝ち越し比率: 「機体の勝ち越し ÷ 全機体の勝ち越し」
概ね使用率×勝率になります。勝ち・負けの偏りを表す指標。

EXVSDBさんには毎度お世話になっております。
いつも鮮度の高いデータをありがとうございます。

※おやくそく
当然ですがSとかAとかの中途半端な位置にいるプレイヤーの個人的な感想になるので至らぬ点はあるかと思います。
コイツがいねぇだろ!みたいなのがあったらぜひコメントで補足してくれると嬉しいです

前期 シーズン2
www.dragonicfighter.net


更新履歴
2021/11/01
新規作成


クロブの他の記事はこちらからどうぞ
www.dragonicfighter.net



できごと

開幕大型アップデート

9/2、シーズン開幕と同時に大型アップデートが入りました。
機体数は8機と前回よりも少なかったですが、
すべての機体に大幅な仕様変更と新規武装の追加という大盤振る舞い仕様。
俗に言うリフレッシュ修正という奴ですね。
対象となったのは以下の8機。
ターンX
リボーンズガンダム
ユニコーンガンダム
ダブルオーガンダム セブンソード/G
ZZガンダム
ゼイドラ
ガンダム・バルバトスルプス
ベルガ・ギロス

「マヒロー呼び出し【粛清】」とかいう意味不明な新技を貰った<ターンX>や、
撃破後Oガンダムに乗り換えて戦闘を続行する<リボーンズガンダム>は遂に最強自衛アシストガガを没収されたと思ったら覚醒技でヤケクソの様に大量召喚するようになったり等、中々はっちゃけた絵面が多い印象です。

実戦に耐えうる内容だったかはさておき、
リフレッシュとしては中々よいカンフル剤にはなったのではないでしょうか。

www.dragonicfighter.net

ガラッゾ緊急参戦

f:id:nosuke0213:20211102035439j:plain:w400
シーズンが半分過ぎた頃突然単騎飛び込んできた新機体。
緊急参戦と銘打たれたのは本作品では本機が初ですかね。

2000コストの突撃特化爆弾格闘機という振り切った性能は使っていて楽しい機体ではありました。
が、前期から続くPセルフ筆頭の待ちが強力な環境ではいささか無理があり、シャッフルでたまに出てくる程度の使用率に留まります。

機動力がね・・・。
近寄ったら強いけど近寄れないのでダメです、って感じでした。よくあるやつ。

両手を広げて高速で突進してくる姿が印象的な機体ですが、
その姿は窓に突撃して気絶する鳥のような勢いと切なさを想起させるものでした
www.dragonicfighter.net

シーズン末大型修正

11/21、後一週間でシーズンも終わるというタイミングで何故か16機体に対する大型アップデートと新機体ダハックが参戦。
シーズン明けるまで待てなかったんでしょうか?
運営曰く「バーストを吐くならここだ、という気持ちでアプデします」だそうだけどもちょっと早漏では?

期間としてはシーズン3内の出来事ではあるんですが、
シーズン3の環境に影響があったかというと微妙なので、
詳しくはシーズン4で触れようかと思います。

www.dragonicfighter.net

環境機体たち

f:id:nosuke0213:20211102020826p:plain
前シーズンから引き続き圧倒的な使用率、勝率を誇った<Pセルフ>が今期も環境トップを独走。
他、<サザビー><オーヴェロン>も好成績を維持し続けたため、
シーズン3では環境に大きな変化は起きなかった、というのがまず前提にあります。

しかしそういった中でもリフレッシュ組の中で大きく成績を伸ばした機体はおり、
ターンX><ZZガンダム>の2機は環境入りを果たしたと言っていいんじゃないかな?

ターンX

f:id:nosuke0213:20211102035138p:plain:w200
リフレッシュ組の中で間違いなく1番強くなった機体。
新規でアシストを2種類も獲得したのですがそれがどっちも鬼強い。

格闘CSに新設された「バンデット呼び出し」はファンネル系の多段階誘導型スタン兵器。
遠距離まで届く上に見てない相手には必中レベルの食いつきを見せる取り敢えず出しとくだけでも強い技。
所謂「避け方を知らないと一生食らい続けるタイプの武器」ってやつで、
稼働初期に猛威を奮っていたドレッドノートを思い出します。
おまけになぜか振り向きアメキャンにも対応している贅沢仕様で回避力まで上がっています。

もう一つの新アシストは前述した「マヒロー呼び出し【粛清】」。射撃CSで1出撃1回撃てるMAP兵器です。

敵の目の前にマヒローが現れた後TXに撃ち抜かれて核爆発を起こすとかいうそれ武装じゃないよね感満載の技。
ネタっぽいんですが性能はバッチリ良好。
分類は核ミサイルやアクシズ落としなどのMAP兵器なんですがモーションが非常に小さい。
アシスト扱いで即キャンセルできるのもあり気を抜くといきなり目の前で爆発したりする。

他にもDPSがぶっ壊れてる月光蝶プレッシャー派生など様々な強化を受け、
従来の強さとイメチェン要素を両立しつつ強さを手に入れた転生組の勝ち組機体です。


www.youtube.com

ZZガンダム

f:id:nosuke0213:20211102035133p:plain:w200
他、転生組で大きく数が増えたのは2500コストの方のZZ。

3000コストのFA-ZZと同様に覚醒攻撃中にスパアマが付与されるようになりゴリラ化。

また、変形中特射に「ネオ・コア・ファイター分離攻撃」が追加。
廉価版のVガンダムの覚醒技が通常時から使える感じのインチキ武装で、高誘導のミサイルを上空から垂れ流してくる過剰なストレス要因。

確か昔Vガンの覚醒技、持続時間が3秒位短くされた過去があるんですけどあの削られた部分こっちに再就職したんすかね。

MS時の分離攻撃も強化され、なんかこうサーカス系の技が増えつつ真っ当に強い感じのキャラに仕上がっています。

全体的に待ちが強い環境の中弾幕で当てに行く性能を持ちつつ自身の逃げ性能も十分高く、バランスよくかつ個性が強化された印象です。
www.youtube.com

ジャスティス

f:id:nosuke0213:20211102035127p:plain:w200
また、今期いきなり増えたというわけではないけどこの機体について触れない訳にはいきません。

データ上そこまで優秀な成績を残しているわけではありませんが、
上位ランカーにのみデータを絞って再計測すれば2500最強の機体はおそらくコイツでしょう。

アメキャンをはじめピョン格→SEEDの逃げ性能や
2連ブーメラン→リフターの迎撃力など、圧倒的な防御力がこの機体のメインですが、
幅の広い高弾速レールガンで自己主張も可能なハイグレードな万能機。

解禁当時はイマイチ評価が低かったと記憶していますが、
当時最強のバンシィを筆頭に上位勢が落ちてきた影響や、
乗り手の熟練度が上がってきた影響でそのポテンシャルはどんどん発揮されておりシーズンごとに成績はじわじわと伸び続けています。

運用が確立されてきたので下の層でも動かし方がわかってきたというのと、機体相性的に格闘機にはほぼ負ける要素がないため今後も勝率は伸びていくと考えています。
シーズン末期に弱体化調整を受けたはずなのに何故か実質強化されたのも追い風です(意味不明)

www.youtube.com

アカツキ

f:id:nosuke0213:20211103141146p:plain:w200

こちらも上位ランカーに人気の機体。

横ブーストを狩るレベルのイカれた性能のドラグーンを常時撒き続ける継戦能力が強力な機体です。
なにがやべーってこのちゃんと避けないと食らう高性能ドラグーンが着地の隙消しのついでに撃たれるものであるという事実。
サザビーもそうですが回避のついでに出る弾が異様に強いのは本当によくないw

その代わりジャスティスやオーヴェロンと比べると火力はやや劣るため、
シャッフルだと負けゲーをひっくり返す力はなかったりします。
なのでデータ上の戦績は普通なんですね。

しかしその恵まれた射程距離からポンポン飛んでくるドラグーン、銃剣投げ、高出力BRは嫌がらせとしては最高レベルと言っていいでしょう。

シラヌイ装備が強すぎるんで現状これだけでいいんですが、
この機体にはオオワシという高機動万能機モードもあるので今後の伸び代まである点もポイント高いです。

www.youtube.com

未来へ

というわけで今回はこの辺で。


こうグラフで見ると相変わらずPセルフ一強って感じがありありと見えますね。
強くて使いやすい機体はどうしてもこうなっちゃう所あります。

次:シーズン4(まだ)



クロブの他の記事はこちらからどうぞ
www.dragonicfighter.net